子どもの「食の3大悩み」解決レシピ3「小食すぎる、朝食をあまり食べない」

フードコーディネーターの神みよ子先生が教える「育ちざかりの小学1年生が、無理なくおいしく、楽しく食事ができるメニュー作りのちょっとしたコツ」。

魚が苦手な子向けのメニュー野菜が苦手・肉が苦手な子向けのメニュー、とお届けしてきました。

第3回は、お子さんたちが「小食すぎる」「朝食をあまり食べない」というお母さんたちのお悩みを解決します。

もっとお子さんたちに食べてもらうには、

・汁けを多めにしてのどごしをよく

・形を小ぶりにして見た目の負担を減らす

・だしの旨み(グルタミン酸)で食欲を増進させる

といった工夫が効果的です。では、実際のレシピをご覧ください。

野菜茶碗蒸し+一口おむすび

つるん!と食べられる茶碗蒸しは、食欲のないときにおすすめ。忙しい朝でも、電子レンジで簡単に調理できます。

chawanmushi

Point!
1. ご飯は盛らず、ちびおむすびに。
2. 濃いめのかつおだしで旨みアップ!

材料(2人分)
にんじん 2㎝、大根 1㎝、かぶ 1/2個
A かつおだし汁 200ml、溶き卵 1個分、しょうゆ 小さじ1/2、塩 少々

(1)にんじん、大根はせん切り、かぶは皮をむいて薄切りする。耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジ(500W)で40秒加熱する。

(2)Aを混ぜ、器に注いで(1)を入れる。ふんわりとラップをかけて電子レンジ(500W)で3分30秒加熱する。

【一口おむすび】
かぶの葉をみじん切りして塩でもみ、白ごまとともにご飯に混ぜて一口大ににぎる。

ソーセージロール+フレンチトースト

和風だしを洋風の味つけにアレンジ。キャベツの甘みとやわらかさで食が進みます。

FrenchToast

Point!
1. かつおだし×トマトペーストでやさしい味に。
2. トーストよりも食感ふんわり、栄養もアップ。

材料(2人分)
キャベツ 1〜2枚、長めのソーセージ 2本、にんじん 2㎝、
じゃがいも 1/3個、ベーコン 1枚、
塩・こしょう 各少々、スパゲッティ適量
A かつおだし汁 2カップ、トマトペースト 小さじ2

(1)ゆでたキャベツでソーセージを包み、スパゲッティを刺してとめる。

(2)にんじん、じゃがいもは1㎝角に、ベーコンは1㎝に切る。

(3)なべにAを入れ、(1)・(2)を加えて煮立てる。弱火で10分煮て、塩、こしょうで味をととのえる。

※ソーセージロールは食べやすい大きさに切って盛りつける。

【フレンチトースト】
食パンを細長く切り、卵液(溶き卵、牛乳)につけ、バターを溶かしたフライパンで両面を焼き、粉砂糖をふる。

こんな朝食なら、お子さんたちも、負担なく、楽しく食べられそうです。元気に学校生活を楽しむためにも、小学1年生たちには、朝からしっかり食事をとる習慣をつけてもらいたいですね。

次回は、<解決レシピ4「たくさん食べすぎる、早食い」>をお届けします。