子どもの「食の3大悩み」解決レシピ4「たくさん食べすぎる、早食い」

フードコーディネーターの神みよ子先生が教える「育ちざかりの小学1年生が、無理なくおいしく、楽しく食事ができるメニュー作りのちょっとしたコツ」。

魚が苦手な子向けのメニュー野菜が苦手・肉が苦手な子向けのメニュー小食すぎる、朝食をあまり食べない子向けのメニュー、とお届けしてきました。

第4回は、「たくさん食べすぎる、早食い」というお悩みの解決法を提案します。

早食いで、つい食べ過ぎてしまう子どもたちも、

・食べるときによく噛む、根菜類を食材にプラス。

・盛りつけは小分けにして、大皿盛りやどんぶりはNG。

といった工夫をすることで、しっかり噛んで、適量を食べてくれるようになります。

具だくさん袋煮+切り干し大根サラダ

具材に隠れたごぼうとコーンが食感をよくし、満足感を与えます。

fukuroni

Point!
1. 切り干し大根のサラダでさっぱり。
2. シャキシャキの食感で、よく噛んで食べられる!

材料(2人分)
油揚げ(いなり寿司用)2枚、ごぼう 10㎝、えのきだけ 1/4袋、スパゲッティ 1本
A 鶏ももひき肉 100g、コーン 大さじ2、溶き卵 1/2個分
B だし汁 200ml、砂糖 大さじ3、しょうゆ 小さじ1、塩 少々

(1)油揚げに熱湯をかけて水けをきり、半分に切って開く。ごぼうはささがけにし、水にさらして水けをきる。えのきだけは半分の長さに切る。

(2)Aをよく混ぜ、ごぼう、えのきだけを加えて4等分にする。油揚げに詰め、袋の口にスパゲッティを刺してとめる。

(3)なべにBを煮立て、②を並べ、ふたをして弱火で10分煮る。②を裏返してふたを外し、中火で5分煮る。

【切り干し大根サラダ】
切り干し大根を水で戻し、水けをきってざく切りにする。にんじん、きゅうりのせん切りを加え、すし酢であえる。

れんこんバーグ+ポリポリサラダ

れんこんをたたいて混ぜるので、食感を残したまま、ひき肉によくなじみます。和風の味つけでカロリー控えめに。

RenkonBurg

Point!
1. スティック野菜で食べやすく。
2. 肉の中のれんこんで噛みごたえばつぐんに。

材料(2人分)
合いびき肉 150g、れんこん 1/2節分(100g)、玉ねぎ 1/4個、溶き卵 1/2個分、ごま油 大さじ1
A しょうが汁 小さじ1/2、片栗粉 小さじ1、塩・こしょう 各少々

(1)れんこんは皮をむいて酢水にさらし、たて4等分に切る。ポリ袋に入れ、麺棒で粗くたたく。玉ねぎをみじん切りにする。

(2)合いびき肉に(1)とAを混ぜてよく練る。2等分して丸める。

(3)フライパンにごま油を熱し、中火で表面に焼き色をつける。ふたをして7~8分蒸し焼きにする。

*エリンギソテー、ゆでにんじん、大根おろしを盛りつけ、ポン酢しょうゆをかける。

【ポリポリサラダ】
大根、にんじん、きゅうりをスティック状に切り、ラディッシュに切り込みを入れる。すし酢をふりかけ20分おく。

「好き嫌いが多い」「小食・朝食を食べない」「食べすぎ・早食い」というお悩み別に、解決策を提案してきた『子どもの「食の3大悩み」解決レシピ』いかがでしたか。

小学1年生に、楽しく食事をしてもらうためのたくさんのヒント。ぜひブックマークしてご活用ください。