【終了しました】フィンランドからかわいくて楽しいムーミンのバレエがやってきた!

丸みをおびたやわらかい白い体に、ふさのついたしっぽ。気がやさしくて甘えんぼうのムーミンと、おだやかで家庭的なママ、冒険好きのパパ。

そんな楽しいムーミン一家と仲間たちが活躍する、北欧・フィンランドで生まれたムーミンの物語が、この春なんとバレエになって日本にやってきました。

かわいくて豪華なプログラムは初めてのバレエ鑑賞にもぴったり。 うららかな春の一日に、劇場に足を運んでみませんか?

■フィンランド国立バレエ団が贈る、話題のムーミンバレエの新作が日本に上陸

これまでムーミンは日本で作られたアニメーションの他に、フィンランドではお芝居やオペラとなってたびたび舞台で上演されてきました。

それでもバレエはセリフがないことや着ぐるみの動きに制限があることから、なかなか実現には至らなかったのだとか。

2015年、初めてムーミンの童話シリーズの『ムーミン谷の彗星』がフィンランドでバレエ化され、着ぐるみの丸々とした体をいっぱいに使って踊る、その愛らしい様子が大きな話題となりました。

大好評だった公演を踏まえて今回やってくるのは、日本公演のために作られた新しい作品。

『たのしいムーミン一家』の中から、魔法使い「飛行おに」の不思議なシルクハットをめぐる物語がバレエで表現されています。

■大人も子どもも夢中に! バレエ『たのしいムーミン一家 ~ムーミンと魔法使いの帽子~』

物語は、長く厳しい冬が終わって、ムーミンたちが冬眠から目覚めるシーンから幕を開きます。

あやしく揺らめくオーロラや降りしきる雪が去り、あたたかい日差しを受けてベッドから飛び出すムーミンと仲間たち。あのかわいらしい姿で手足をいっぱいに伸ばし、バレエの優雅さを表現しながら踊る着ぐるみムーミンたちに、思わず笑みがこぼれてしまいます。

元気いっぱいのちびのミイや、旅と自由を愛するスナフキン、キラキラしたものに弱くて臆病なスニフなど、個性豊かなおなじみのキャラクターたちも大活躍。

ひとつひとつの動作が愛らしく、小さな子どもたちにもわかりやすいように物語が進んでいきます。

一方で飛行おにの不思議な帽子から出てくる魔法の花や、何もかも凍らせてしまうつめたい魔物モランの登場シーンなど、群舞を用いたバレエならではの美しい舞台表現にも目を奪われます。

飛行おにが探している宝物とは? 不思議な帽子はどうなるの?

子どもも夢中になれる楽しいムーミンの物語を通して、新しいバレエ芸術の試みに触れることができる舞台になっています。

■フィンランド国立バレエ団を堪能できる 古典バレエのハイライトがいっぱい! 豪華な『北欧バレエ・ガラ』

近年世界的に評価が高まっているフィンランド国立バレエ団。ムーミンバレエと合わせて上演される、第1部の北欧バレエ・ガラは、古典バレエの名シーンと、フィンランド国立バレエ団が誇る現代バレエの新作が味わえる豪華な構成になっています。

『白鳥の湖』『シェヘラザード』などの古典バレエから、男性がチュチュを着て踊る、現代の北欧らしいセンスの味わえるバレエ作品『悲愴』も。

はなやかな衣装に身を包んだ圧巻の群舞も登場して、こちらも見ごたえたっぷり。 まだ劇場デビューをしたことのないお子さんが、初めて本格的なバレエに触れるきっかけとしてもまたとない機会となることでしょう。

撮影/Hidemi Seto

【公演情報】

フィンランド国立バレエ団
バレエ『たのしいムーミン一家 ~ムーミンと魔法使いの帽子~』『北欧バレエ・ガラ』

大阪公演
2017年4月29日(土)17時〜、4月30日(日)13時〜

フェスティバルホール
大阪市北区中之島2-3-18

問い合わせ先
キョードーインフォメーション 0570-200-888
www.kyodo-osaka.co.jp/